本を売るならメルカリが稼げる?

本を買ったはいいけど、邪魔になって困っている方もいると思います。
今は電子書籍で済ませる方も多いかもしれませんが、小説などは実際に手に取って読みたい方も多いはずです。

では、読み終わった本を皆さんどうしていますか?
ブックオフなどの古書店へ行くか、ネットで販売する方がほとんどではないでしょうか。

まとめて、ショップへ行って売ってもよいのですが、思ったような金額では買い取ってもらえないでしょう。

そこで、お勧めなのはメルカリです。
皆さん、ご存知の通りメルカリといえば自分にとって必要なくなったものを必要としている人に安価で届ける画期的なサービスです。

ただ、全ての本がメルカリで売れるとは限りません。
そこは価格設定が重要になってくるでしょう。

メルカリで古本屋より高く売れる商品は、新書で出て間もないものです。
定価で買うより少しでも安価に買いたい人が買ってくれます。
また、人気小説家の待望の商品などはより確率が上がります。

反対に、かなり前の物や昔のアイドルや芸能人の写真集なども売れる確率が高いです。
前の物と言っても、今は出版されていない人気のものなどです。

逆に人気過ぎて多くの方が購入したものは売れないかもしれません。
アイドルや芸能人の写真集は一定のファンがいたりするので、メルカリで出品した方が目につきやすくなります。
ぜひ、上手に販売してくださいね。

参考:本を売るならメルカリが高く売れる?

メルカリでは売れない本も多い

メルカリで売るなら新刊か希少本です。
反対に売れないのは、新刊でもなく、大量に出回っている古本です。

例えば、又吉さんの火花という作品がありますよね。
芥川賞を受賞してベストセラーにもなった有名な作品ですが、正直言って殆ど売れません。
アマゾンの古本でも1円出品が大量で出回っています。

ベストセラーより、希少本の方が高く売ることができるので、覚えておきましょう。

ブックオフで買ってメルカリで本を売る

ブックオフの店舗では、新刊発行からの経過日数で査定を行っています。
そのため高く売るのは難しいのですが、反面、希少本が安く売られていることもあります。

こういった本をブックオフで買ってメルカリで売ると・・・そう、差額分が儲かってしまいます!
この方法は、「せどり」といって、ふるくからあるお小遣い稼ぎの方法です。

本を高く売る方法はメルカリだけではない

新刊や希少本以外を大量に売るなら、メルカリではなく、ネット専業の買取店がおすすめです。
漫画の全巻セットなどを売る場合も、ネットの買取専門点が有利ですね。

メルカリの場合、高値の付かない本を売ると、送料負けしていまします。
一度の大量に発送すれば1冊あたりの送料は引き下げられますが、個人から個人に売る際は、どうしても買い手が読みたい本しか売れません。

ネットの買取専門店なら、大量に売っても送料を節約できますし、ブックオフのような店舗型のショップとは違って固定費が掛からない分、高く買い取れるのです。