ゲームを売るならエディオン・ジョーシンのどっちがいい?

ゲームの買取をして貰う際、出来るだけまとめて売ることができるショップでゲームを持ち込むと、なかなか良い値段で売れます。

例えば、エディオンやジョーシンなんかがおすすめです。
こちらは平日の日に売りに行っても、ネットである程度値段をホームページ上から調べることが出来るため、その値段で買取してもらえます。

その際、中でもエディオンはおすすめで、査定金額が300円を超えている商品があれば、3本まとめて売ることで200円ずつ買い取り金額が上がります。
ジョーシンだと、まとめ売りしても査定額が上がらないので、エディオンのほうがいいです。

まとめてゲームを売ることで査定金額が上がるため、査定額の低いものを大量に持ち込んで、価格を吊り上げるということもできるのでお勧めです。

参考:ゲームを売るならエディオン買取?

ただ、難点としてPS2のソフトやスーパーファミコン、PSなど古い機種のソフトの買取は、エディオンやジョーシンではしてもらえません。
古すぎるソフトは持ち込んでも無駄ですね。

また、店舗によりソフトの買取をしてもらえないこともあります。
しかし、それらを踏まえたうえでも、3本くらいまとめて売っただけでも、約4000円くらいでゲームソフトは売れました。

ただ、注意点をあげると、1本あたり1000円で買取をしてもらおうとすると、きちんとネットで調べてから売るようにしないといけないです。

そうしないと、大抵200円以下で査定されて、3本で査定金額アップが付かないので、損をしてしまいます。
逆にネットで事前に調べて査定をしてもらえば、かなり高額になるのでお勧めです。