まりお流らーめん、奈良市にある日本トップクラスの濃厚ラーメンの店

店名:まりお流らーめん
住所:奈良県奈良市尼辻町433-3
電話:0742-35-1102

奈良のラーメンといえば彩華ラーメンを思い浮かべる人が多いと思います。
まりお流らーめんもラーメン好きの間では有名なお店です。
メディアでも取り上げられる機会も多く、知っている人もいるかもしれません。

まりお流らーめんは、店名も変わっていますが、メニュー名も変わっています。
チョモランマや富士山といった、山の名前がつけられているのです。

まりお流らーめん店主も変わってそうですが、とても良い人でした。
鹿児島出身で強面ですが、優しい人です。

ラーメンはどんな感じなのでしょうか。
創作ラーメンというだけあって、種類も多いです。

まりお流らーめんを有名にしたラーメンが、チョモランマ。
あの天下一品よりもスープが濃いです。

ただでさえ濃いスープなのですが、そこにパルメザンチーズをたっぷり入れている。
おそらく日本一濃厚なラーメンだと思います。

値段は並で2,400円とラーメンにしては高い。
しかし、ラーメン好きなら食べる価値はありです。

私のおすすめは霧島です。
チョモランマと比べるとこってりしていないですが、それも濃いラーメンです。

濃厚な味が好きな人であれば、絶対気に入ると思います。
中太ストレート麺との相性が抜群で、チャーシューの量も多い。

これも男のラーメンという感じですね。
価格は並で1,500円ですが、それだけ出す価値はあります。

リピーターが多いのがその証拠です。
他にも普通のお店では食べられないようなラーメンがあるので、まりお流らーめんはラーメン好きなら訪れておきたいお店です。

麺と出汁が絡むとき、梅田第2ビルにあるスタミナがつくラーメン店

店名:麺と出汁が絡むとき
住所:大阪市北区梅田1丁目2-3 大阪駅前第2ビルB2F
電話:06-6348-9005

ラーメン屋ってパンチの効いた店名が多いですが、ここもそう。
その名も、麺と出汁が絡むとき。

一体、どんなラーメンを出すのだろうかと思いますよね。
麺と出汁が絡むときという名前負けせずに、インパクトのあるラーメンが出てきます。

私のおすすめはスタミナラーメン。
日々の生活を乗り切るためにも、食べてもらいたいラーメンです。

手元に出されたときに、まず見た目で驚きます。
スープ一面がニラと辛子漬けでいっぱいです。

さらにニンニクがけっこう入っていて、チャーシューと生玉子が乗っている。
見るからにスタミナがつきそうなラーメンです。

スープは塩とんこつなんですが、ニラと辛子で辛く感じます。
しかし、辛いもの好きなのでやみつきになる辛さ。
水を飲みながらじゃないと少しきついのですが、どんどん箸が進みます。

チャーシューにスープの味がしみ込んでいて、肉の甘味と辛さが絶妙にマッチしています。
スープが辛いなと思ったら、生卵を溶きましょう。
少し味がマイルドになります。

それにしても、ワイルドなラーメンだなと思いました。
でも、満足できる味です。
ちなみに値段は900円。

この内容なら、それだけ払う価値はあります。
麺と出汁が絡むとき店内も活気があり、元気をもらいたいときにおすすめのラーメン屋です。

らーめんとも、千葉県袖ヶ浦市長浦駅前にある竹岡式ラーメン店

店名:らーめんとも
住所:千葉県袖ヶ浦市長浦駅前3-3-1
電話:0438-62-6275

おすすめ料理:チャーシューめん
価格:750円
接客:中年の女性が厨房でラーメンを料理しているが、かなり手際がよく、短時間でラーメンが出てきます。

「らーめんとも」は、内房線の竹岡式のラーメン(千葉県内房周辺のご当地ラーメン。醤油ダレに大ぶりのチャーシュー、薬味には角切りのたまねぎを使用)の中でも特にチャーシューのボリュームが多いと思います。

らーめんともは、普通のラーメンを注文しても、他のラーメン店でのチャーシューめんと同じくらいのチャーシューが入っています。
チャーシューめんについては、厚切りで脂の乗ったチャーシューがてんこ盛りです。

昼食や夕食でラーメンをがっつり食べたい方には、らーめんともは★5つレベルでおすすめします。
(私自身この店には3年間で100回以上食事に行っています。)

スープについては、かなり薄い状態で提供されますが、つけダレを注文すれば小型の容器に入れて出してくれるので自分好みの濃さにすることが可能です。
(らーめんともは、つけダレは無料)

ちなみにチャーシューめんの大盛りは800円で、普通盛りとの差額はたったの50円なのでかなりお得です。
400円の餃子もかなりおいしいので、チャーシューめん+餃子で満足すること間違いなしです。

三井アウトレット木更津に出かけた帰りに、らーめんともに寄ってみるのも良いでしょう。
(アウトレット内のフードコートよりもコスパが良いです。)

なな蓮、三越前にあるランチでも夜でも都会を流れる川を眺めながら啜るラーメン

店名:なな蓮
住所:東京都中央区日本橋室町1-8-7 東信室町ビル 1F
電話:03-3516-6288

ここのラーメン屋さんは、何といってもおしゃれで美味しいです。
ランチでも夜でもと記載しましたが、なな蓮の夜をメインにご紹介させて頂きます。

ここのラーメン屋さん、日本橋の近くにあり、川沿いに位置しております。
まず、オススメの席はカウンターではなく、一番奥の二人席。

なな蓮は、夏になると窓が開いており、目の前に都会を流れる日本橋川を眺められます。
そして、最初に頼むラーメンではなく、お酒とおつまみを頼みます。

お酒の種類も「ご当地ビール」・「日本酒」・「焼酎」と豊富です。
おつまみは、ユッケなど小鉢料理が15種類ほどあります。

その中でもオススメは「ちゃざく」です。
なな蓮のオリジナルメニューですが、「うざく」のウナギの代わりにチャーシューが入った料理です。

みょうが等の薬味とアマ酸っぱいたれにチャーシューが絡み、とてもあっさり美味しくいただけます。
これとビールを合わせながら、今日の疲れをまず忘れます。

そして、〆にラーメンを頼みます。
基本、あっさりとこってりがあり、私はあっさりをオススメします。

何故かというと、なな蓮のラーメンの主役は「麺」だからです。
麦に拘りがあるからです。

複数の麦をあわせ作られた麺は、ものすごく甘味でコシ、香が物凄く、かなり美味い。

トッピングのチャーシューも3種類あり、よく焼き、ふつう、レアがあります。
なな蓮のチャーシューも、とてもスモーキーで香がよく美味しいです。

無論、こってり、つけそばも美味しいですが、まずはあっさりを食べて、このラーメン屋さんの「麺」に酔いしれてみてください。
もちろん、ランチでもラーメンは食べられます。

味仙 八事店、名古屋市天白区にある名物台湾ラーメンのお店

店名:味仙 八事店
住所:愛知県名古屋市天白区八事山434
電話:052-834-0470

台湾ラーメンと言ったら味仙というお店です。
名城大学から西の方にあり、坂の途中に存在しているお店です。

味仙の中は結構広々としており、家族でも一人でも生きやすい感じの大衆的なお店といったところです。

友人と二人で味仙に来て、頼んだのはもちろん台湾ラーメン。
辛いと噂だったのと、やっぱりこれが欲しいということで注文しました。

早速食べてみると、なかなかの辛さ。
水がいるかなという辛さでした。

少し食べた時に、ちょっとのどの変なところに入ってしまったのか、辛さと相まって急き込んでしまい、しばらくせきが止まらない状態に(笑)
友人にも心配されるほどだったので、ちょっと焦りました。 

何とかおさまってからしっかりと味わうことになりましたが、辛さの中においしさがあるのは、やっぱり辛いものでおいしいものの定番ですね。

ひき肉の味の良さも良く、辛さにマッチングしていておいしい限りです。 
美味しかったので、辛くてむせたにもかかわらず、スープも全部飲んでしまいました。

今度は味仙の別のメニューも頼んでみて、おいしいかどうかを確認してみたいと思います。
名古屋名物おいしかったです。

つけ麺屋 ごんろく 両国店はコスパがよくて美味しい!

ごんろくは、両国駅から5分ちょっと歩いたところにあるつけ麺屋さんです。
座席は全てカウンターになっており18席で、入口で食券を購入します。

つけ麺は普通の、辛味つけ麺、味噌、辛味噌の4種類あります。
他にも普通のラーメンもありますが、ごんろくは、やはりつけ麺がおススメです。

なにより嬉しいのが、ごんろくは並、中、大盛り全て同じ価格で食べられます!
女性は並盛りでも満足な量だと思います。

麺はスープがよく絡む太麺で自家製の麺です。
そしてなによりスープがとても美味しいです!

魚介のかなり濃厚なスープで旨味がとにかくすごい。
酸味や甘みもあります。

どちらかというとこってりなスープですが、旨味がすごいため、全然嫌にならないし、箸が進みます!

そして具材のメンマや短冊のチャーシューも味が染みててものすごく美味しい。
トッピングもたくさん種類がありますが、卓上に玉ねぎのみじん切りと削り節があります。

何もしなくても飽きずに最後まで美味しく食べられますが、玉ねぎをトッピングするとさっぱり食べることが出来ます。

食後には割りスープも頂けます。
月~土は朝の4時までやっているため、ごんろくは飲んだあとの〆にもおススメです!
ごんろく、コスパもよく本当に美味しいので、何度も行っています!

店名:つけ麺屋 ごんろく 両国店
住所:東京都墨田区緑1丁目28-11
電話:03-3846-4311

烈志笑魚油 麺香房 三く、大阪福島区にある行列のできるラーメン屋

店名:烈志笑魚油 麺香房 三く
住所:大阪府」大阪市福島区福島2丁目6-5
電話:06-6451-4115

私がおすすめするラーメンは、三くのつけ麺の平打ち麺です。
麺がつるっとしていてスープにもとろみがあり、非常にスープと絡みやすくて食べやすいラーメンです。

三く夜の部では、〆のご飯もついてくるので残ったスープにご飯をいれて食べるのもとても絶品です。
途中で薬といって独自でブレンドした七味を頂き味変をして楽しむこともできます。
また、接客もとても丁寧であり新規のお客さんにはお店のメニューの紹介を分かりやすくしてくれます。

お店が三く(39)ということで夜の部だけ、毎時間39分に座っているお客さんだけにデザートのサービスがあるところも面白いところです。
とにかく人気で長打の列なので、デザートの時間に座れた人は、とてもラッキーだと思います。
私も何十回と足を運んでいますが、頂けたのは数回です。

店長さんが、季節限定で創作ラーメンを数量限定で提供しています。
非常にオシャレで、ラーメン屋さんとは思えないほどのクオリティーです。
三く店内もとても綺麗なので、女性一人でも気軽に入って頂けるかと思います。

三くの価格は、800円~1100円のメニューがあります。
このおいしさでこの値段であれば誰も文句なしだと思います。

博多どんたく、海老名市のちゃんぽんが素晴らしく美味しい店!

神奈川県の海老名市にある博多どんたくというお店。
博多どんたくは、名前のとおり九州の料理がメインです。

とんこつラーメンがメニューに加わっていますが、おすすめなのはちゃんぽん。
並みのちゃんぽんで、お値段は900円です。

並と言いながらもその盛り方は物凄い。
初めて博多どんたくに訪れた人は、どんぶりから高く盛られた野菜の量に圧倒されるはず。

あまりにも野菜が高く盛られているために、なかなか麺にたどり着くことが出来ません。
ある程度野菜を食べてから麺を掘り出して食べるという感じです。

山のように盛られた野菜はシャキシャキしていて歯ごたえ十分。
そして麺は、ちゃんぽん特有の中太麺で、小麦の香ばしさを楽しめます。
スープはあっさりめで、ボリュームがありながらも、不思議と食べ切れちゃいますよ。

博多どんたくは、ちゃんぽんもおすすめなのですが、メニューの先頭に来ている博多ラーメン(700円)もおすすめ。
関東で食べる博多ラーメンは博多という名前が付いていながらも、本場のラーメンとはほど遠いものが多いのが実情です。

けれど、博多どんたくの博多ラーメンは、本場のラーメンに本当に近い。
博多に住んでいた私が言うのだからこれは本当です。

本場のちゃんぽんと博多ラーメンが食べたくなったらここ、博多どんたくがおすすめ。
ここだけの話、このお店は超有名人も常連だったりします。

店名:博多どんたく
住所:神奈川県 海老名市東柏ケ谷2丁目25-20 マルキビル 1F
電話:046-234-7730

川崎市宮前平、丸源ラーメンでのおすすめメニュー

店名:丸源ラーメン宮前平店
住所:神奈川県川崎市宮前区土橋7-1-2
電話:044-871-5212

神奈川県川崎市の宮前平にある丸源ラーメンは、幅広いメニューがあって、それぞれの魅力によってお客さんを楽しませています。
ラーメンも美味しいのですが、この丸源ラーメンはそばも美味しいという特徴があります。

そばメニューが充実しているのもこの丸源ラーメン宮前平店の特徴になりますが、その中でもおすすめなのはねぎ肉そばになります。
こういったメニューは他のお店ではあまり見られないと言えると思うので、非常に魅力的な味が期待できるのです。

このねぎ肉そばは見た目はスープがかなり脂っぽい印象を生むような状況で、好みが分かれそうな感じかもしれませんが、実際に食べてみるとそこまで脂っぽい感じではないので、比較的多くの人に食べてもらいやすいと思います。

具材はのり、半熟卵、そして大量のねぎのみでありシンプルとなっていますが、主役のねぎがかなり目立ちます。
そばにおいてねぎは定番のメニューですけど、その量がかなり多いので、ねぎ好きの人にとって気に入ってもらいやすいと思います。

特徴的なスープとねぎが絡むことで、ねぎの美味しさも増すということが言えるので、宮前平の丸源ラーメンに来たときには注文してみてはどうでしょうか?

台東区浅草橋、ろく月で濃厚な豚白湯ラーメンを堪能

白湯は白湯でも、豚を使った珍しい白湯ラーメンで有名な「ろく月」さん。
偶々浅草橋を訪れる用事があり、以前から気になっていたこの店へ。
ろく月は、講談社の「東京ラーメンオブザイヤー」の新人賞も受賞している名店です。

店名:ろく月
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-4-5
電話:03-3865-6011

ろく月の立地は目立たない裏路地ですが、駅から程近く、瀟洒な店構えと「豚白湯」の看板が目立つのですぐに見つけることが出来ると思います。

訪れた時間は18:30頃、夜の営業が始まったばかりなのか、ろく月の先客は二人ほど。
なんと野菜のポタージュを使ったという、ベジポタラーメンもとても気になったのですが、やはりここはがっつり看板の「特製豚白湯ラーメン」をいただくことに。

待ち時間はほとんどなしに現れたラーメン、一目見てびっくり…!
なんとヤングコーンとオクラ、巨大なアスパラがどんと乗っているのです。
が、きれいに盛り付けられた野菜はとても食欲をそそり、白いスープの美しさとあいまって女性受けもよさそうな印象。

濃厚な白濁した汁は一見普通の豚骨にも見えますが、臭みはぜんぜん感じません。魚介の風味もあり、さまざまな出汁がとられているのか繊細な味わいです。
コーンもアスパラもこりこりしていてとても良い触感。

意外と合うものですね…。
煮卵もちょうど良いトロトロ具合。
チャーシューも分厚くて、適度に脂身があるにもかかわらず、ジューシーな噛み応えでした。

ろく月のお店の方も親切で、おそらく初めての来店だと理解してくれたのか、空いている席を案内してくれたり、味を変える柚子胡椒をおすすめしてくれたりと気遣ってくれました。
これはまた来訪したいところ。
次は限定だという味噌ラーメンやポタージュに挑戦してみるか、いやしかしまた豚白湯をリピートするか…と悩むところです。