名古屋市、名代きしめん 住よし JR名古屋駅3・4番ホーム店のかき揚げきしめん

店名:名代きしめん 住よし JR名古屋駅3・4番ホーム店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-4
電話:052-565-9527

名古屋駅のホ-ム内にある、立ち食いきしめんを食べました。
駅の構内にあることもあり、住よしの客席は10ぐらいしか入ることができないほどのスペ-スです。

きしめんとそばがあるので、どちらかを選ぶことが出来ます。
住よしは、店主は一人で作っています。

購買機で、かき揚げきしめんの券590円を買って店主に渡します。
かきあげは、その場で揚げるようで、とても楽しみでした。

住よしのカウンタ-の上にはおにぎりではなく、おいなりさんが置いてあり、注文すると食べることが出来る。

かき揚げきしめんはかき揚げが大きく、きざみ葱と生卵と鰹節がドッサリ入っています。
麺は平べったいきしめんで、味は醤油味で少し薄く感じるが、出汁が効いていてうま味があり、平べったい麺と合っていて食べやすかったです。

かき揚げは、揚げたてだったのでサクサク、汁に含ませてもしっとりと美味しかったです。
住よしは、値段も安くお腹も満たされ大満足だった。

ワンコインきしめんもあり、すぐに食べることも出来て、安くてかなり美味しいものです。
エビ天と卵も入っていたので、かなりおすすめできます。

知る人ぞ知る!盛岡市で人気のうどん店『みししっぴ饂飩』

岩手県盛岡市の、盛岡駅から北西方面に約6kmのあたりの『月が丘』地域は、住宅があり、学校、保育園、病院、スーパー、飲食店も多く沢山の人が住む利便性のある地域です。

そんな盛岡市月が丘にあるうどん店『みししっぴ饂飩(うどん)』は、近隣住民や職場に通う人だけでなく、盛岡市内や、時には遠方からも人が訪れます。
隠れたファンも多いみししっぴ饂飩。

店名の由来は、長いうどんが、長いミシシッピ川の様だからなのだとか。
みししっぴ饂飩のお店は、盛岡駅を通る鉄道いわて銀河鉄道(IGR)の青山駅方面から、盛岡市の隣・滝沢市の牧野林地区へ続く道『国分通り』沿いにあります。

うどんの本場、香川で修業したという店主が作るうどんは、コシがある本格的な讃岐うどんです。
遠く離れた四国・香川の味が東北の盛岡で味わえるなんて嬉しいですよね。

みししっぴ饂飩おすすめメニューは、『大海老天のぶっかけおうどん』。
本当に大きな海老天と舞茸や茄子などの野菜の天ぷらも乗った、ボリュームのある一品。
きっと男性も満足できる量だと思います。

また、うどんが見えないほどいっぱいに輪切りのすだちが乗った『すだちうどん』は、さわやかなおいしさ。
SNS映えもする見た目で、女性にも人気です。

国産の小麦を使用し、一杯ずつ丁寧に作られる出来立てのうどんは、チェーン店のようにスピーディーにでてくるわけではありませんが、心も温まる優しさを感じます。

冷麺やわんこそばという名物があり、麺類にはうるさい盛岡市民もお気に入りのみししっぴ饂飩。
ぜひ訪れてみてくださいね。

営業しているのはお昼の時間帯だけですのでご注意ください。

店名:みししっぴ饂飩
住所:岩手県盛岡市月が丘3丁目30-8
電話:019-646-2625

愛知県日進市の丸亀製麺でテイクアウト!こんな使い方も

子供が「夕食はうどんがいい!」と行った日、自宅に乾麺はあることを知っていたので帰り道途中にある丸亀製麺へ。
天ぷらだけを買って帰ることにしました。

帰り道途中にある愛知県日進市にある丸亀製麺梅森台店に行ってきました。

丸亀製麺はチェーン店ですが、お店によって雰囲気が違い、梅森台店はパートのおばさんが多い印象。だからか、子供連れで行くと優しく話しかけてくれて、温かい印象です。
うどんは頼まず、天ぷらだけを注文。天ぷらを注文する時は無料の箱を取って箱の中に天ぷらを入れていきます。

丸亀製麺で定番のかき揚げ、えび、いか、ちくわ、かぼちゃなど気になる天ぷらを入れていきました。
珍しいなばなの天ぷらがあって、そちらも注文。

レジで計算してもらうときに、5点で50円引き、10点で100円引きになるサービスがあるそうで9点しか注文していなかったので「あと1点追加すると100円引きになるけれどどうする?」と言われたので「追加します!」と追加注文。1点追加すると100円引きになるなら嬉しいサービスですよね。

子供連れだったので棒つき飴のサービスもあり、子供は予想外のサービスに嬉しく思ったみたいです。

店名:丸亀製麺 梅森台店
住所:愛知県日進市梅森台1-145
電話:052-808-6550

大きな天ぷらが売り!岡山県浅口市鴨方町の手打うどんたぐち

店名:手打うどんたぐち
住所:岡山県浅口市鴨方町益坂1369-1
電話:0865-44-1008

私の家の近くにある、手打うどんたぐちは大きな天ぷらが有名です。
讃岐うどんの本場、香川県で修業した職人さんが、お店でうどんを打っています。

手打うどんたぐちで、有名なのが大きな天ぷらです。

天ぷらは四角いかき揚げで、うどんのどんぶりを蓋するぐらいの大きさです。
大きいだけで薄いですが、食べ応えはあります。

というか食べにくいです。

しかし、このうどんが10年くらい前、全国ネットのバラエティ番組で取り上げられたことがあります。
放送直後の土日は、手打うどんたぐちに客が殺到し、道路が渋滞するほどの反響でした。

手打うどんたぐちの大きすぎる天ぷらは、揚げる数に限度があり、1日に30枚程度。
お昼前に全て揚げ、ストックしたものが終わってしまうとその日の天ぷらはおしまいです。

ちなみに、天ぷらの入っているうどんは、天ぷらうどんの大と並、天ぷらたぬきうどんの大と並の4種類です。
天ぷらの数を考えると、完売するのが早いことも納得できます。

手打うどんたぐちは田舎の店で、道路は2車線。
さらに国道2号線と高速道路のインターチェンジを結ぶ、県道の道沿いにあるので配送中のトラックと重なり、特に昼の時間帯は車が渋滞で動かないこともあります。

あまりにも繁盛したせいか、駐車場を拡張し、さらに大型車の専用駐車場も整備しています。
手打うどんたぐちは11時開店なんで、人気の天ぷらを食べるには、昼前に行ったほうがいいと思います。